倉庫は定期的に整理整頓を

家族代々暮らしてきた一戸建て住宅の場合、知らず知らずのうちに家財道具が増えていきます。家族の人数が多いとどうしても家具や家電が自然と増えるものです。リビングや私室で不要になった物を、自宅の庭先にある倉庫に収納する方々もおそらく多いはずです。倉庫に移動させれば、確かにリビングルームや個人の部屋は広々となりますが、家族みんなが不用品を倉庫へ頻繁に移していけば、今度は庫内が物で溢れてしまいます。大掃除の機会などを利用して、倉庫内の家財道具を一度整理整頓してみましょう。明らかに不要だと判断できたものはリサイクルショップに売却したり、フリマアプリで出品する等して、スマートな方法で処分したいところです。

経年変化に注意!増築を検討するのも選択肢の一つです

長年利用してきた倉庫の場合、あちらこちらに経年変化があらわれている可能性大です。屋根が痛み隙間が出来ていると、雨漏りのリスクが高くなります。大切な家財道具が雨風にさらされては一大事です。壁や屋根に痛みを見つけた時は、専門の会社に相談してリフォーム工事をお願いしてみましょう。一方でDIYの腕前に自信がある方なら、自力で老朽化対策を行うのもナイスアイディアです。壁や扉の穴が小さい場合、ダメージが比較的軽い場合であれば、ホームセンターに並んでいる一般的な工具や資材で十分、リフォーム工事が進められます。

子ども世代や孫世代まで自宅の倉庫を引き継いでいきたい、そんな時は増築や大規模リフォーム工事を検討してみるのも大事です。増築すれば、より多くの家財道具や備蓄品が収納出来ますし、貴重な美術品や骨とう品なども長期間にわたり安全に保管していけます。

3PLとは企業の業務のうち、物流に関してを第三の企業に委託することです。投資抑制やコスト削減などさまざまなメリットがあります。